格安の医療保険

格安の保険料で加入することが出来る医療保険ですが、女性特有の病気を目的として用意された保険があります。
女性に特化した病気というのは、子宮がんや乳がんなどが知られています。
女性を守る医療保険とは、このような病気だけでなく女性が罹患しやすい病気に陥ったときに手厚い保障をしてもらえるプランになっています。
女性に向けられた医療保険の保険料は安い傾向があり、30歳の女性を例にとってみると2,000~3,000円程度から入ることが実現します。

ここまで格安に医療保険料が抑えられている理由は、解約返戻金が存在しないところにあります。
保険の料金負担が安いということが支持者を集めることとなり、女性向け医療保険を選択する女性が増えているのが現状です。
女性を対象とした医療保険には、無期限の保障を設定しているものだけでなく、保障期間を区切っているものもあります。
その中でオリックス生命のキュアレディは、安い保険料ですべてのがんが認められる医療保険です。
さらに、女性に特化したがんが発覚したときには基本の保障といったものの他に、女性入院給付金が支給される仕組みです。
また、病気などにかからず健康で過ごすことができれば、数年に一回生存給付金という形で受け取れるものも提供されています。
生存給付金をもらえる損保ジャパンひまわり生命のフェミニーヌは、健康であれば3年サイクルで15万円づつの給付金を受けられます。
それから、払い込みの方法を決定することが可能な医療保険も提供されています。
そのひとつとして、終身型医療保険のアフラックのレディース新EVERは、払い込みの手段として定額・半額・払い済みという3タイプから自分の経済状態に合わせて選ぶこともできます。